薄毛の対策は女性にも必要|無理な対処方法は危険

夫婦

原因と対策を正しく知る

くし

円形脱毛症は男女共に起こりますが、最近は若い女性に増えています。単発型、多発型、全頭型、汎発型等があり、ストレスは誘因になります。軽症なら自然に治ることもありますが、範囲が広かったり長引いていたら受診が必要です。塗り薬や飲み薬の処方、それから光線療法と様々な治療法があります。

Read More

自分に合った道を探そう

男の人

薄毛などの髪の悩みを抱えているならば、原因を探るために、一度病院で診察してもらうことも大切です。また東京で植毛や発毛をサポートしてくれる施設もいくつかあるので、一人で悩みを解決しようとせずに、まずは施設に行ってみましょう。さらにインターネット上の掲示板で、同じ髪の悩みを持つ方と繋がる手もあります。

Read More

気になる頭皮トラブル

鏡を見る女性

気になる頭皮トラブルに、薄毛や抜け毛といった問題があります。これらの頭皮トラブルは、男性特有の問題だと思っている人が多いですが、実は女性の人もこういった問題に悩んでいる人は多く、ここ数年では頭皮トラブルで悩んでいる人の数は増加傾向にあるのです。女性が薄毛になってしまう原因には、加齢や更年期障害による女性ホルモンの減少、パーマや毛染め、ストレスやダイエットなどの要因が考えられ、髪が薄くなり地肌が透けるのが特徴的です。男性が薄毛になってしまう原因には、男性ホルモンによる影響と、皮脂の過剰分泌による影響、遺伝的な要因が考えられ、前頭部や頭頂部が薄くなるのが特徴的です。同じ薄毛にもかかわらず、その原因が異なるため、その対策の仕方が違ってきます。

女性の薄毛の場合には、男性とは薄毛になる原因や特性が違うため、その対策には女性の薄毛にあった育毛剤の使用と、生活習慣の改善が効果的です。具体的には、シャンプーや育毛剤で頭皮の乾燥を防いだり、血行を促進させたり、バランスの良い食生活やストレスをためない生活、十分な睡眠を心がけることです。更年期などでホルモンバランスが乱れてしまう時期には、どうしても育毛の効果が期待できにくい場合もありますが、更年期が過ぎて、ホルモンバランスが落ち着いてくれば薄毛は改善しやすくなります。女性の薄毛の場合には、今から何か対策を行っても手遅れ、ケアや対策をしてもお金の無駄になってしまうということはなく、明るく前向きにケアすることが大切です。

早めの対策と医療機関

ドクター

自己努力をしてもどうしても髪の毛が生えなかった方は、皮膚科で発毛治療を受けてみましょう。そして、注意することはジェネリック医薬品にするのか通常の治療薬にするのか選ぶ時です。安全性などを考えて選択しましょう。

Read More